FC2ブログ

【日記小説】三太さんと本屋さん

こんばんは
ヒビキです('ω')ノ

今日は日記小説の回です。

主人公は旅人のヒナ。

さて、小説もどきでいいよというかたはお付き合いください

以下本文!
==========

「こんばんはー」

ヒナはぶらりと黒熊亭へ寄ってみたんだ。
ユーの森にある酒場は今日もにぎやかで、なんだか見知らぬお客さんがいた。

「ふぉっふぉっふぉ」

まっかなローブに真っ赤な帽子、ながーいひげを蓄えたおじいちゃんで、何やらお願いごと持ってきたみたい。

「本を探しとってな」

「本やて? そりゃ、どんな本や」

黒ローブの美魔女スフィーダ姉さんが聞いてた。
要約すると、どんな本か知らないけどほしいから行ってみたい。場所はわからない。

「そりゃ無理っちゅーもんやで」

「ふぉっふぉっふぉ。そうそう、カオスの溶岩の滝が流れてるところじゃ」

「滝ー? そんなんなんぼでもあるわ」

カオスの滝なら何回かお散歩したことがあるよ。
イルシェナーの奥地で、溶岩地帯の危険なエリアだ。

「カオスなら行ったことらあるけど、歩いていける場所じゃないなぁ」

とは私。

「歩いていけないやと。そりゃー、ないで」

「大丈夫。昔の旅人は見つけました。ファセットとファセットを移動する方法を! ズバリ、ムーンゲートです」

じゃあ、逝ってみようかってことで、みんなでお出かけしてみた。
ユーのムーンゲートをくぐると、カオスへ一直線。
先導する私は、あれを見てたまげたよ。
警告も何もなしに、

「An Lor Xen」

「え、なにごと?」

とはツムギちゃん。

「黒閣下パラゴンやないかー」

スフィーダ姉さんの叫び声。
まあ、楽しいことになった。

最後はユキトラさんが斧を振り下ろして終わったけど、もうそこら中死屍累々。

「殺す気かっちゅうねん」

「みんな死んだねー」

それから、あの滝でもない、この滝でもないと和気あいあいと進んでった。
そして!

溶岩の滝が海へと注ぎ込まれるグレートフォールを眺めるその場所に、
本屋はいました。

2018-8-21_01.jpg


「いらっしゃいませー」

「おお、ここじゃ」

「んな、店員ニワトリかいな」

おじいちゃんの嬉々とした声と、スフィーダ姉さんのツッコミが交錯する。
そして、おじいちゃんは無事にエ〇本を購入できましたとさ。

めでたしめでたし。

「よくないわー」

とはスフィーダ姉さん。

「○○○○ってなに」

とはツムギちゃん。
ユキトラさんが教えていいものかって顔をしてたけど、まあ、いいんじゃないのかな。
もちろんエ〇本に載ってた単語さ。

今日も黒熊亭は楽しい一日でした。


まったねー
スポンサーサイト

【日記小説】旅人のヒナさん

こんばんは
ヒビキです('ω')ノ

さて、今日はうちの新キャラ旅人のヒナさんの話をしたいと思います。
いつも通り、どうでもいい世田話になりますので、別にいいよって方だけお付き合いください。

以下本文!
===================

「久しぶりのブリテインだね」

響には妹が何人かいるけど、妹のひとり、ヒナがブリテインに帰ってきたんだ。

ヒナは一か所にじっとしていられない旅人で、旅行が大好きで、いつもブラブラしてる。

今日はなんとなーく森を散策したくて、ユーをうろついてた。

「さて、そろそろどこかで一休み」

ふと、酒場が目についた。

「森の中の酒場かぁ」

粋だしおしゃれじゃない。そーんな理由でなんとなく酒場へ入ってみた。

「いらっしゃい」

店主がひとりカウンターにたたずんでたんだ。

「ちょーっと休ませてください。あと飲み物を一杯」

ほへー、生き返る。
でー、しばらく店主さんと話し込んでたんだけど、ほどなくお客さんでお店は埋まった。

楽しいおしゃべりごちそうさまでした。

これで終わりじゃないよ?

いろいろ話したけど、ヒナは旅人をしてるだけあって護身術も身に着けてる。
魔法と神秘術だ。どちらもグランドマスター程度の腕前だけど、まあ、ないよりはマシ。

マスターに聞かれた。

「へえ、どんな魔法を使うんだい?」

「魔法ならフルスペルブックを持ってるよ。神秘術もフルスぺ持ってる。でもね、ひとつだけ見つからない呪文があるんだ」

「ほう、なんだそりゃ」

「名前も知らない呪文なんだけどね、巨人を召喚して戦わせる魔法なんだ」

ヒナは知らないけど、要するにライジングコロッサスの魔法……コロ助召喚だ。
その呪文書が、どこにも見つからない。(ほんとはフルスぺに格納されてるんだけど!)

だからヒナはコロ助を召喚できない。

「そいつは大変だな。じゃあ、その呪文見つけてみたいだろ?」

「そうだね、いつかは手にしてみたいけど、見つからなくてもいいかなって。だって見つけちゃったら旅の目的がひとつ減っちゃうし。それはそれでつまらないかなって」

「そうか、うちの客がそんな感じの魔法見つけたら知らせようかい?」

「ありがと。だけど大丈夫。やっぱりそういうのは、自分で探したいしね」

「そういうもんか」

というわけで、ヒナは今日も名前すら知らない呪文書を探してる。
本当は手元にあるのに見つからないその呪文、いつ見つけるのかな?

旅をしたいから見つからない、いや、見つけたくないんだ。

「ごちそうさまでした。そろそろ行くよ、また来るね」

ヒナは今日も風のように旅をしている。
フラフラと、ブラブラと。

何が見つかるのかな?
呪文書なのか、それとも見知らぬ何かなのか。

旅をするなら、どこへでも。
意味なし、意義なし、実利なし。

風吹かば、地の果てまで。

【日記小説】響の無駄遣いな一日

こんばんは
ヒビキです('ω')ノ

今日は日記小説の回です。
といってもいつものように、ゆるーい内容です。

=====ここから日記小説=====

「あ、売ってる」

ルナ城内の商店街をウィンドウショッピングしてた響はピタッと歩みを止めたんだ。
魔法のパワースクロール120が22mほど。

安くはないけど、高すぎもしない、大体これくらいのお値段っていう価格だったんだ。

「どーしよーかなー」

って、ちょっと悩む響。
買えないことはないし、いつかは手に入れようと思ってた一品が目の前にあるんだよね~。

でもさ

ちょーっと高くない?
さすがに、22mは出したくないなぁ。

響の脳内会議は続きます。

けど、魔法120って大体20m強で長いこと取引されてる。
相場といえば相場だ。

「まーいっか」

5秒くらい悩んでぽぽぽぽーんと買ったよ。

ダメ押しになったのは、隣に置いてあった知性評価120とフォーカス120。
値上がりしすぎです・・・。

「むしゃむしゃ、もぐもぐ」

ぽわわーんと光る響。
むう、魔法スキルの上限が上昇したのを感じる。

それから一カ月ほどでレジェンダリーメイジを名乗れるようになりました。

しかし・・・

真の無駄遣いはここから始まることに・・・・・・

「ダメだー」

服装に納得がいかないとお怒りの響嬢。
別段魔法使いなんかローブ着てればいいじゃない。
その発想に納得がいかない様子で、タンスから洋服を引っ張り出してはあれこれ着なおし染め直し。

「装備性能下がってもいいからファッション重視にしよう」

ところが、おうちにある装備じゃ、ダサくて納得がいかない模様で

「ベンダー検索使っちゃえばいいんだ」

「うーん、これとこれとにしよう」

ぽぽぽぽーんとお買い上げ。
アーティファクト(上級)クラスの装備をファッション名目でぽんぽん購入する響嬢でした。

が、

「ダメだね、気に入らない・・・」

しばらく、響家の無駄な支出は続きそうでしたとさ。

ちゃんちゃん

【日記小説】向日葵の冒険

こんばんは('ω')ノ
響です。

今日は日記小説の回ですよ
分かりやすくなるように、今後日記小説にはタイトルに日記小説と付けます。

でも昔のまで直す気はないんだからね!

=====ここから日記小説=====

2017年の夏くらいだったと思う。
向日葵(Himawari)がブリタニアへやってきたんだ。

「暑いなー」

ヘイブンの宿屋で荷解きをすると、ちょっとだけ水を含んで早速出かけたんだ。
目的地はあそこ!

「ヘイブン魔法学校だ」

早速の入学。
お目当ては書写の授業。

インストラクターの先生から書写についてあれこれ教わったんだ。
椅子に座ってテーブルに向かう。
白紙のスクロールを広げて、手には書写ペン。懐には秘薬。
ペンを走らせる。
秘薬を練りこんで書かれた文字は魔法の力を持って、マジックスクロールになっていくんだ。

授業代?
授業代はかからないけど、白紙のスクロール代と秘薬代は自腹。
誰が出したかって? 私、響だよ。妹のことだけど、ちょっと懐具合はとほほーさ。

「うん、これなら合格ね。卒業よ」
「やったー」

物資にまったく困らなかった向日葵はあっさりと書写のインストラクターの課題をクリアー。
そして卒業記念に神聖スペルブックをもらったんだ。

これはすごいスペルブックで、手にしてるだけでアンデッドへの魔法攻撃力が2倍になる。
2倍!
すごくデジタルな表現だけどすごいよね。代わりに亜人種には弱くなっちゃうけど。

それから向日葵は魔法学科に入って、これも卒業。そのまま魔法修行を続けて、(ちゃっかりパワスクまで食べて)魔法の腕前はエルダーと呼べるほどになったんだ。

「さー、これからが本番だ」

向日葵は大量の白紙のスクロールを買い込むと、これまたダース単位の書写ペンを取り出して、黙々とスペルブックを作り出したんだ。
え、何してるのって?

はい、特攻本の作成です。

やっぱりモンスターとの戦闘を主にする私みたいなメイジには、特攻本は欠かせません。
なんでっていうと、特攻本があるとモンスターへのダメージが2~3倍になるんだ。うん、これまたデジタルだ。

こうして向日葵の書写スキルがグランドマスターになるころには・・・もう大量の特攻本が出来上がったよ!
だけどね・・・・・・

「で、でなかった」

はい、悪魔と、爬虫類と、アンデッド特攻は出ませんでしたー。

まあ、アンデッドは神聖スペルブックがあるからいいけどさ、チョーっと残念。向日葵にはもう少し、書写漬けな日々が待ってるかもね。

「もー、やだー」

なーんて、向日葵の叫び声が聞こえてきた。

さーて、向日葵の冒険はいまのところ魔法学校の中にとどまってるけど、これから先どんなところへ広がっていくのかな?
ちなみにこれで、現在まで来てしまったので向日葵の出番はしばらくありません。

冒険はフィールドワークのみにあらず。

「武器はペン。しらべは文字となってつづられて、書きあがるは魔法の本」

ここ(魔法学校)が私の冒険の場だ。
今日も向日葵は本をつづるよ。


それでは('ω')ノ

響のバタバタした日々

久しぶりの日記小説です('ω')ノ

そーいえば、このブログって、
普通の日記と日記小説が適当に混ざってるけど、今まで何も言ってこなかったね。

というわけで、そのあたりをハッキリさせてみよう。

日記
ふつーのブログ。ただの日記。

日記小説
小説風の日記。今まであったことを小説風にまとめたもの。

というわけで、今日は日記小説の日です(*´ω`)b



=====ここから日記小説=====

2017年の冬頃の話なんだ。
このころは、リアル(メタい発言!)がヒマだったので、ブリタニアでの活動が活発だったんだ。

ぶらーっとログイン(またしてもメタい発言!!)したら亀沸きに遊びに行って、
募集のかかった各種ボスとかいろいろなものに参加してみたりして、
とーってもバタバタとした日々だったよ。

その間にお友達も増えたんだ。
相変わらず了承も何も得てないから名前は載せられないんだけど、
ア〇〇〇姉さんとか、戦士のIさんとか、全キャラ同じ名前疑惑のあるUさんとか、ちょーまったり系のNさんとか、いろんな人と出会ったよ。

さてさて、このころの私の活動方針は!
とにかく、なーんでもいいから参加して活動資金をなんとかするだったんだ。
なんとかなったかなぁ、っていうと正直微妙なところなんだけど((+_+))

小銭は手に入りました。

あとはこれを元手に殖やしてくだけ。
さーて、何をやろうかなぁ。

まずは自分自身(響)のバードメイジ修行!
あとは妹の戦士、ひなたの修行もあるなぁ。
他にも魔法使いの向日葵も頑張りたそうな感じだし、
最近は魔法戦士に柊が目覚めそうだし、
うちのシドさんも生産者になるんだって忙しそうだし、

ちょっとちょっと、お金足りないんじゃないの?

パワスク代に装備代。資材代に諸経費にって・・・・・
いくらかかるんだろー(*´Д`)?

足りなくなったらまた稼ぐよ。
適当にがんばろーう。

こーして、私、響のバタバタした日々は続きそうなのでした('ω')ノ
プロフィール

Hibiki

Author:Hibiki
【author】せまほ

UOプレイヤーのひとり。
AOSごろからSAくらいまで真面目に遊んでた。
その後は入ったり入らなかったりの日々。
のほほんと遊んでます。


【メイン】Hibiki

メインキャラ。
明るくて接しやすい(?)のが特徴。
プレイヤーと同じく、のほほんとしてます。

来訪者数
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR