FC2ブログ

【日記小説】向日葵の冒険

こんばんは('ω')ノ
響です。

今日は日記小説の回ですよ
分かりやすくなるように、今後日記小説にはタイトルに日記小説と付けます。

でも昔のまで直す気はないんだからね!

=====ここから日記小説=====

2017年の夏くらいだったと思う。
向日葵(Himawari)がブリタニアへやってきたんだ。

「暑いなー」

ヘイブンの宿屋で荷解きをすると、ちょっとだけ水を含んで早速出かけたんだ。
目的地はあそこ!

「ヘイブン魔法学校だ」

早速の入学。
お目当ては書写の授業。

インストラクターの先生から書写についてあれこれ教わったんだ。
椅子に座ってテーブルに向かう。
白紙のスクロールを広げて、手には書写ペン。懐には秘薬。
ペンを走らせる。
秘薬を練りこんで書かれた文字は魔法の力を持って、マジックスクロールになっていくんだ。

授業代?
授業代はかからないけど、白紙のスクロール代と秘薬代は自腹。
誰が出したかって? 私、響だよ。妹のことだけど、ちょっと懐具合はとほほーさ。

「うん、これなら合格ね。卒業よ」
「やったー」

物資にまったく困らなかった向日葵はあっさりと書写のインストラクターの課題をクリアー。
そして卒業記念に神聖スペルブックをもらったんだ。

これはすごいスペルブックで、手にしてるだけでアンデッドへの魔法攻撃力が2倍になる。
2倍!
すごくデジタルな表現だけどすごいよね。代わりに亜人種には弱くなっちゃうけど。

それから向日葵は魔法学科に入って、これも卒業。そのまま魔法修行を続けて、(ちゃっかりパワスクまで食べて)魔法の腕前はエルダーと呼べるほどになったんだ。

「さー、これからが本番だ」

向日葵は大量の白紙のスクロールを買い込むと、これまたダース単位の書写ペンを取り出して、黙々とスペルブックを作り出したんだ。
え、何してるのって?

はい、特攻本の作成です。

やっぱりモンスターとの戦闘を主にする私みたいなメイジには、特攻本は欠かせません。
なんでっていうと、特攻本があるとモンスターへのダメージが2~3倍になるんだ。うん、これまたデジタルだ。

こうして向日葵の書写スキルがグランドマスターになるころには・・・もう大量の特攻本が出来上がったよ!
だけどね・・・・・・

「で、でなかった」

はい、悪魔と、爬虫類と、アンデッド特攻は出ませんでしたー。

まあ、アンデッドは神聖スペルブックがあるからいいけどさ、チョーっと残念。向日葵にはもう少し、書写漬けな日々が待ってるかもね。

「もー、やだー」

なーんて、向日葵の叫び声が聞こえてきた。

さーて、向日葵の冒険はいまのところ魔法学校の中にとどまってるけど、これから先どんなところへ広がっていくのかな?
ちなみにこれで、現在まで来てしまったので向日葵の出番はしばらくありません。

冒険はフィールドワークのみにあらず。

「武器はペン。しらべは文字となってつづられて、書きあがるは魔法の本」

ここ(魔法学校)が私の冒険の場だ。
今日も向日葵は本をつづるよ。


それでは('ω')ノ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

Hibiki

Author:Hibiki
【author】せまほ

UOプレイヤーのひとり。
AOSごろからSAくらいまで真面目に遊んでた。
その後は入ったり入らなかったりの日々。
のほほんと遊んでます。


【メイン】Hibiki

メインキャラ。
明るくて接しやすい(?)のが特徴。
プレイヤーと同じく、のほほんとしてます。

来訪者数
最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR