FC2ブログ

【日記小説】三太さんと本屋さん

こんばんは
ヒビキです('ω')ノ

今日は日記小説の回です。

主人公は旅人のヒナ。

さて、小説もどきでいいよというかたはお付き合いください

以下本文!
==========

「こんばんはー」

ヒナはぶらりと黒熊亭へ寄ってみたんだ。
ユーの森にある酒場は今日もにぎやかで、なんだか見知らぬお客さんがいた。

「ふぉっふぉっふぉ」

まっかなローブに真っ赤な帽子、ながーいひげを蓄えたおじいちゃんで、何やらお願いごと持ってきたみたい。

「本を探しとってな」

「本やて? そりゃ、どんな本や」

黒ローブの美魔女スフィーダ姉さんが聞いてた。
要約すると、どんな本か知らないけどほしいから行ってみたい。場所はわからない。

「そりゃ無理っちゅーもんやで」

「ふぉっふぉっふぉ。そうそう、カオスの溶岩の滝が流れてるところじゃ」

「滝ー? そんなんなんぼでもあるわ」

カオスの滝なら何回かお散歩したことがあるよ。
イルシェナーの奥地で、溶岩地帯の危険なエリアだ。

「カオスなら行ったことらあるけど、歩いていける場所じゃないなぁ」

とは私。

「歩いていけないやと。そりゃー、ないで」

「大丈夫。昔の旅人は見つけました。ファセットとファセットを移動する方法を! ズバリ、ムーンゲートです」

じゃあ、逝ってみようかってことで、みんなでお出かけしてみた。
ユーのムーンゲートをくぐると、カオスへ一直線。
先導する私は、あれを見てたまげたよ。
警告も何もなしに、

「An Lor Xen」

「え、なにごと?」

とはツムギちゃん。

「黒閣下パラゴンやないかー」

スフィーダ姉さんの叫び声。
まあ、楽しいことになった。

最後はユキトラさんが斧を振り下ろして終わったけど、もうそこら中死屍累々。

「殺す気かっちゅうねん」

「みんな死んだねー」

それから、あの滝でもない、この滝でもないと和気あいあいと進んでった。
そして!

溶岩の滝が海へと注ぎ込まれるグレートフォールを眺めるその場所に、
本屋はいました。

2018-8-21_01.jpg


「いらっしゃいませー」

「おお、ここじゃ」

「んな、店員ニワトリかいな」

おじいちゃんの嬉々とした声と、スフィーダ姉さんのツッコミが交錯する。
そして、おじいちゃんは無事にエ〇本を購入できましたとさ。

めでたしめでたし。

「よくないわー」

とはスフィーダ姉さん。

「○○○○ってなに」

とはツムギちゃん。
ユキトラさんが教えていいものかって顔をしてたけど、まあ、いいんじゃないのかな。
もちろんエ〇本に載ってた単語さ。

今日も黒熊亭は楽しい一日でした。


まったねー

ヒナさんの課題

こんばんは
ヒビキです('ω')ノ

今日はヒナでサキュバスと戦ってきました。

2018-8-20_01.jpg

【お題】
・サキュバスとタイマン
・徒歩
・召喚なし

はい、何とかなるものです。
でも課題が見えました。

火力が低すぎる……( ;∀;)
なにしろ、EI100の魔ダメ0ですからね。

なんとかして火力アップしよーうヾ(@⌒ー⌒@)ノ


それでは('ω')ノ

プリズム in 黒熊亭の方々

こんばんは
ヒビキです('ω')ノ

今日はヒナが冒険に出かけました。

黒熊亭の方々と、プリズムへ行ってきました。

無事終了。
しかし、痛恨の一撃!

SSとり忘れたよー(*´Д`)

そういうこともありますね。
また皆さん、お出かけしましょーヾ(@⌒ー⌒@)ノ

ではまた('ω')ノ

【日記小説】旅人のヒナさん

こんばんは
ヒビキです('ω')ノ

さて、今日はうちの新キャラ旅人のヒナさんの話をしたいと思います。
いつも通り、どうでもいい世田話になりますので、別にいいよって方だけお付き合いください。

以下本文!
===================

「久しぶりのブリテインだね」

響には妹が何人かいるけど、妹のひとり、ヒナがブリテインに帰ってきたんだ。

ヒナは一か所にじっとしていられない旅人で、旅行が大好きで、いつもブラブラしてる。

今日はなんとなーく森を散策したくて、ユーをうろついてた。

「さて、そろそろどこかで一休み」

ふと、酒場が目についた。

「森の中の酒場かぁ」

粋だしおしゃれじゃない。そーんな理由でなんとなく酒場へ入ってみた。

「いらっしゃい」

店主がひとりカウンターにたたずんでたんだ。

「ちょーっと休ませてください。あと飲み物を一杯」

ほへー、生き返る。
でー、しばらく店主さんと話し込んでたんだけど、ほどなくお客さんでお店は埋まった。

楽しいおしゃべりごちそうさまでした。

これで終わりじゃないよ?

いろいろ話したけど、ヒナは旅人をしてるだけあって護身術も身に着けてる。
魔法と神秘術だ。どちらもグランドマスター程度の腕前だけど、まあ、ないよりはマシ。

マスターに聞かれた。

「へえ、どんな魔法を使うんだい?」

「魔法ならフルスペルブックを持ってるよ。神秘術もフルスぺ持ってる。でもね、ひとつだけ見つからない呪文があるんだ」

「ほう、なんだそりゃ」

「名前も知らない呪文なんだけどね、巨人を召喚して戦わせる魔法なんだ」

ヒナは知らないけど、要するにライジングコロッサスの魔法……コロ助召喚だ。
その呪文書が、どこにも見つからない。(ほんとはフルスぺに格納されてるんだけど!)

だからヒナはコロ助を召喚できない。

「そいつは大変だな。じゃあ、その呪文見つけてみたいだろ?」

「そうだね、いつかは手にしてみたいけど、見つからなくてもいいかなって。だって見つけちゃったら旅の目的がひとつ減っちゃうし。それはそれでつまらないかなって」

「そうか、うちの客がそんな感じの魔法見つけたら知らせようかい?」

「ありがと。だけど大丈夫。やっぱりそういうのは、自分で探したいしね」

「そういうもんか」

というわけで、ヒナは今日も名前すら知らない呪文書を探してる。
本当は手元にあるのに見つからないその呪文、いつ見つけるのかな?

旅をしたいから見つからない、いや、見つけたくないんだ。

「ごちそうさまでした。そろそろ行くよ、また来るね」

ヒナは今日も風のように旅をしている。
フラフラと、ブラブラと。

何が見つかるのかな?
呪文書なのか、それとも見知らぬ何かなのか。

旅をするなら、どこへでも。
意味なし、意義なし、実利なし。

風吹かば、地の果てまで。

鍛冶修行トンテンカンじょぼぼーん

こんばんは
ヒビキです('ω')ノ

引っ越しから復帰して以来延々と鍛冶修行してました。

毎晩毎晩トンテンカンじょぼぼーん(*´ω`)

苦行だよ、これ。
でもそのかいあって!

鍛冶スキル120達成なのです(*'▽')
2018-6-25_01_01.jpg 


さー、次は・・・
練成スキルの番ですね。

大変だけど頑張るよ。


PS.
どうでもいい話、鍛冶を上げきるのに半年かかりました。
じゃあ、錬成は1年くらいかかるかな?
かかってもいいよね。
むしろかかるよ!
(*´Д`)ムキュー


ではまた('ω')ノ
プロフィール

Hibiki

Author:Hibiki
【author】せまほ

UOプレイヤーのひとり。
AOSごろからSAくらいまで真面目に遊んでた。
その後は入ったり入らなかったりの日々。
のほほんと遊んでます。


【メイン】Hibiki

メインキャラ。
明るくて接しやすい(?)のが特徴。
プレイヤーと同じく、のほほんとしてます。

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR